リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが4位入賞

リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが4位入賞

Back
2019年 6月 30日

SUPER GT第4戦「Chang SUPER GT RACE」の決勝レースが6月30日にチャーン・インターナショナル・サーキット(タイ)で行われ、予選6位からスタートした#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)が4位に順位を上げてフィニッシュしました。

気温32℃、路面温度43℃とタイらしい暑さの中で66周の決勝レースが15時にスタートしました。#24 GT-Rのスタートドライバーを務めたマーデンボローは、オープニングラップで2台をかわして4位に浮上し、序盤は前車とテールトゥノーズの争いが続きました。GT300クラスの周回遅れが出始めると、いったん3番手を走る#19 LC500との差が開きますが、20周を超えたあたりから再び前と接近。後方の5位、6位の車両も接近し、4台での3位争いが展開されました。#24 GT-Rは27周を終えたところでピットインしますが、近くにピットを構えるGT300クラスのマシンが先に停まっており、イレギュラーな形で作業を行わなければならず、作業時間をロスしてしまいました。

マーデンボローから交代した高星は、暫定8位でピットアウト。33周目にはファステストラップを更新する勢いで#19 LC500を追いかけました。37周目に、GT500クラスのマシンが3台交錯するアクシデントが発生し、1台がコースサイドにストップ。38周目にセーフティカーが入ることになりました。この時点で、#24 GT-Rと#19 LC500の間には、ピット作業を遅らせて順位の逆転に成功していた#3 GT-Rが入っていましたが、高星は43周目のリスタートで#3 GT-Rをオーバーテイク。#19 LC500も2台をかわして4位に上がっていましたが、高星も44周目に1台、45周目にもう1台をかわし、47周目には再び#19 LC500の背後に迫りました。GT300クラスの周回遅れ車両をかわすタイミングでギャップは縮まったり離れたりを繰り返しましたが、高星は着実なペースで#19 LC500を攻め立てていきました。ファイナルラップに入るところで、2台の差は0.5秒。最後まで高星はライバルを追いかけましたが、逆転はならず、4位でチェッカーを受けました。

予選3位からスタートした#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ)は、序盤にいったん順位を下げたものの、前のマシンとの差を広げることなくついていき、3位争いの集団の中でポジションアップを狙い力走。30周を終えたところでマコヴィッキから平手にドライバー交代しました。暫定10位でコースに復帰、全車がピット作業を終えた35周目には7位まで浮上。その後、#24 GT-R、#12 GT-Rの先行を許し、9位に後退しましたが、最後に3つポジションを取り戻し、6位でチェッカーを受けました。

#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ジェームス・ロシター)はロシターがスタートドライバーをつとめ、一時6位までポジションを上げましたが、レース終盤に、タイヤ無交換作戦でペースが定まらない前方のクルマを抜こうとした際に接触され、9位に後退。後半スティントを担当した佐々木はそこからプッシュを重ね、最終ラップで1台をかわし、8位でチェッカーを受けました。49kgのウェイトを搭載した#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、クインタレッリがスタートを担当し、34周を終えるところでピットイン。後半スティントの松田も粘り強い走りで11位チェッカーとなりました。

 

高星明誠(#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R/決勝4位)

「クルマもタイヤも予選からとても調子が良く、決勝でも追い上げていけると自信をもってレースに臨みました。ヤンから交代したところで8位となっていましたが、セーフティカーが入ったことで前との距離も詰まり、追い上げることができました。力強いレースを見せられたと思っています。去年の夏の富士もいいレースができましたし、今回のレースで夏用のタイヤも良さそうなことが分かったので、次戦も自信をもっていきたいと思います」

 

ヤン・マーデンボロー(#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R/決勝4位)

「レースがスタートしてすぐ2台のマシンを抜いたあとも、さらに上のポジションに行けるように懸命に走りました。クルマとタイヤのパフォーマンス的には表彰台に上がれたと思うので、それを逃したことは残念ですが、ポイントを獲れたことはハッピーです。次の富士は、獲得できるポイントも大きいのでとても重要なレースになります。さらにクルマを良くして、優勝を目指したいと思います」

GT300クラスは1-2フィニッシュでタイ2連覇

GT300クラスは、#10 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/石川京侍)が予選7位から序盤に順位を上げ、終盤に#56リアライズ日産自動車大学校GT-R(平峰一貴/サッシャ・フェネストラズ)と接近戦を展開。最終ラップで逆転し、今季初優勝を飾りました。#56 GT-Rは2位でゴールし、GT-Rが1-2フィニッシュ。NISSAN GT-R NISMO GT3としては、2014~15年に続き、2度目のタイ大会2年連続優勝を達成しました。

 

星野一樹(#10 GAINER TANAX triple a GT-R/決勝優勝)

「GT3仕様のGT-Rで、タイ3勝目を挙げることができました。今シーズン、チャンピオンシップに向けてチームのみんなと戦ってきましたが、今日は石川選手が素晴らしい仕事をしてくれました。去年は苦しい戦いが続いたので、10号車が優勝できて、今日は本当にうれしいです。タイヤ選択の関係で予選の位置はそれほど良くはありませんでしたが、追い上げられる自信はありました。作戦も展開も、少しの運も味方して、完ぺきなレースができました」

 

石川京侍(#10 GAINER TANAX triple a GT-R/決勝優勝)

「ここまで悔しい思いをしてきたので、本当にうれしいです。絶対にチャンスはものにするんだと狙っていて、最後にうまく抜くことができました。フリー走行から調子が良かったので、きちんと結果を出せてよかったです。チームも、今回の優勝で流れに乗っています。次の富士ではウェイトハンディが大きくなりますが、また優勝を目指して頑張ります」