日産e.dams、世界で最も有名なストリートコースへ

日産e.dams、世界で最も有名なストリートコースへ

Back
2019年 5月 10日

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、ABB FIAフォーミュラE選手権第9戦モナコePrixに挑みます。今年の大会はモンテカルロで行われる3回目のフォーミュラEレースとなります。

モナコのフォーミュラEサーキットは、フォーミュラ1で使用されるコースのショートバージョンで、サン・デボーテの1コーナーやラスカスといった有名なコーナーが数多くあります。日産e.damsのセバスチャン ブエミはこの大会を得意としており、これまで2回ポールポジションを獲得し、フォーミュラEのシーズン1とシーズン3の大会で優勝を飾っています。

前戦パリ大会ではオリバー ローランドがポールポジション、セバスチャン ブエミが2位グリッドを獲得し、日産e.damsは初のフロントロー独占を果たしました。シーズン5で2人のドライバーがポールポジションからスタートしたのは現時点で日産e.damsのみです。またローランドは、シーズン5でポールポジションを2回獲得した唯一のドライバーです。

「私たちが挑んでいるフォーミュラEは、世界で最も競争の激しいチャンピオンシップです。これまでにポイント、ポールポジション、表彰台を獲得し、そして予選で最前列グリッドを独占するという結果も残しました。次の目標は優勝です」と日産のグローバルモータースポーツダイレクターであるマイケル カルカモは語りました。

モナコe-Prixは、現地時間5月11日の午後4時34分から、45分(+1周)で行われます。通常、金曜日に行われているシェイクダウンセッションはなく、レース当日の午前7時30分に予定されている練習セッションから戦いが始まります。

「ブエミはモナコでのレースに強く、ローランドもジュニアシリーズを戦っていたときにここで勝ったことがあります。この特別なラウンドに向けて、私たちは入念に準備をしています」と日産e.damsチームの監督であるジャンポール ドリオは述べました。

ドライバーコメント

セバスチャン ブエミのコメント

「モナコでレースをしたくないというドライバーは世界中のどこを探してもいないでしょう。私は幸運なことに、ここで行われたフォーミュラEレースで2度優勝しています。日産が目指す初優勝をここで達成できれば本当に素晴らしいことになるでしょう。」

オリバー ローランドのコメント

「モナコは楽しみにしていたレースです。私はストリートサーキットが大好きなので、フォーミュラEをとても楽しんでいますし、その上モナコでは、以前フォーミュラ2のレースで勝ったことがあります。シミュレーターでできる限りの準備を進めてきました。シーズン5はここまで8戦を終えていますが、それらのデータを使いシミュレーターは進化しています。簡単なことでないのは分かっていますが、私のキャリアにフォーミュラEの優勝を加えたいと思っています。」

概要

ドライバのプロフィール
セバスチャン・ブエミ – https://www.nismo.com/driver/sebastien-buemi/
オリバー・ローランド – https://www.nismo.com/driver/oliver-rowland/

モナコE-Prixトラック
長さ:1.765 km
ターン: 12

時刻表
5月11日(土)
07:30:練習1
10:00:練習2
11:45:予選
12:30:スーパーポール
16:34:レース

テレビ放送
https://www.fiaformulae.com/en/watch/ways-to-watch

#FANBOOST
日産のe.damsチームは「Fanboost」投票で人気があります。チームのファンは、ハッシュタグ#FANBOOSTと#SebastienBuemiまたは#OliverRowlandを使用してツイートすることで、ドライバーが各レース中にさらにエネルギーを増やすことができるように手助けすることができます。また、nismo.com/fanboost/sebまたはnismo.com/fanboost/oliverにアクセスして投票することもできます。