日産e.dams、モナコで今シーズンの最高成績を収める

日産e.dams、モナコで今シーズンの最高成績を収める

Back
2019年 5月 13日

ローランドが2位表彰台、ブエミは5位入賞

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、11日(土)にモナコで開催された「ABB FIAフォーミュラE選手権」の第9戦モナコePrixに参戦し、決勝レースでオリバー ローランドが2位となり、2度目の表彰台を獲得しました。セバスチャン ブエミも5位となり、日産e.damsの2台は揃ってトップ5フィニッシュを飾りました。

ローランドは2回目の練習走行でトップタイムを記録し、順当にスーパーポールへと進みました。スーパーポールでもトップタイムを記録しましたが、前戦パリePrixでのペナルティにより3番手からのスタートになりました。決勝レースでは終盤に2位に上がり、優勝ドライバーと僅か0.201秒差の2位で表彰台を獲得しました。

ローランドとともにスーパーポールに進出して5位からスタートしたブエミは、中盤以降に後続車から激しく攻め立てられましたが、順位を死守して5位でチェッカーフラッグを受けました。

「決勝で表彰台に上がり、2台のマシンがともにトップ5に入り、どのチームよりも多い得点(31点)を得られたことは素晴らしい結果です。前戦のパリePrixは厳しい結果でしたので、モナコで素晴らしいパフォーマンスを取り戻すことができたことは、懸命に取り組んできたチームの皆にとって大変うれしいことでした」と日産グローバルモータースポーツダイレクターであるマイケル カルカモは述べました。

フォーミュラEのシーズン5は残り4戦です。ドイツのベルリンePrix、スイスのベルンePrixの後、7月のニューヨークePrix(2戦)で幕を閉じます。

「チームはあらゆる面でうまく戦いました。私たちは毎戦、とても強いライバルたちと戦っています。今日の結果は、日産e.damsチームを表彰台の中央へと導く重要なステップになりました」と日産e.damsチーム監督であるジャンポール ドリオは述べました。

 オリバー ローランドのコメント

「パリePrixは非常に悔しい結果でしたので、今回の結果は大変うれしいです。今日のレースでキーとなったのはエネルギーマネジメントでした。終盤にプッシュができるよう、レースを通してエネルギーを節約することに集中しましたし、確実に表彰台を確保してベルリンに向けて前進することが私たちにとって重要なことでした。私たちはどんどん強くなっています。残りのレースも楽しみにしています」

 

セバスチャン ブエミのコメント

「厳しい戦いでしたが、チームとして大量ポイントを獲得することができました。いいスタートを切ってローランドのすぐ後ろに迫りましたが、チームメイトと接触しないことが何より重要でした。私はバトルをしていた序盤に多くのエネルギーを使ってしまったため、後半はエネルギー節約しなければならず、後ろから追い抜こうとするマシンを押さえ続ける難しいレースになりました。スーパーポールでのタイムが良くなかったことも、決勝での苦戦につながってしまったと思います」