日産e.dams、チームランキング2位で今シーズンを締めくくる

日産e.dams、チームランキング2位で今シーズンを締めくくる

Back
2020年 8月 14日

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、ABB FIAフォーミュラEの今シーズン最終戦となる第11戦ベルリン大会に参戦し、セバスチャン ブエミが3位表彰台を獲得しました。シーズン6は今大会で全日程を終え、日産e.damsはチームランキングで2位を獲得しました。

日産e.damsは、優勝1回、表彰台5回獲得、ポールポジション2回獲得という成績でシーズン6を終えました。ブエミは6戦連続でスーパーポールシュートアウトに進出し、ローランドは先日の第10戦にてポール・トゥ・ウィンで初優勝を飾りました。ドライバーズランキングでは、ブエミが4位、ローランドが5位となりました。

「日産を代表して、チームランキング2位となったことを誇りに思います。様々な困難があったにもかかわらず、チームはどのレースでも並外れた力を見せてくれました。今年のレースは信じられないほどエキサイティングなものでした。このレースが示しているのは、EVテクノロジーの進化であり、EVがもたらすエキサイティングなドライビングです。それは、新型クロスオーバーEV『日産アリア』にも通じるものです」と、日産のグローバルモータースポーツダイレクターのトマソ ヴォルペは語りました。

 

日産e.damsのチーム監督であるグレゴリー ドリオとオリバー ドリオは、「今シーズンは、チームの決意とドライバーの能力をしっかりと証明できたと思います。メキシコ大会での表彰台など、シーズン序盤からいい走りを見せることができましたし、プレッシャーのかかった終盤の6連戦ではチームランキング2位を目指し、チーム一丸となってドライバーに勝てるマシンを提供することができました。そして、ローランドとブエミが大きなポイントを獲得し、私たちはトロフィーを手にすることができました。チームランキングで2位を獲得したことは、私たちにとって大きな成果です」と語りました。

シーズン6のハイライト
日産のフォーミュラE参戦2年目となる今シーズンは、開幕戦のダブルヘッダーでともにトップ5フィニッシュを果たして幕を開けました。第4戦メキシコシティではブエミが3位となり、チーム初の表彰台を獲得しました。シーズンフィナーレとなった最終6連戦は非常に熾烈な戦いとなりました。ローランドは第10戦で優勝し、ブエミは最終戦を3位でゴールしました。チームはこの6連戦で合計110ポイントを獲得し、チームランキング2位を獲得しました。ドライバーズランキングでは、ブエミが4位、ローランドは5位となりました。

また、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断されている間、日産e.damsはバーチャルシリーズ「レースアットホームチャレンジ」に参加しました。このオンラインシミュレーションレースシリーズは、フォーミュラEに参戦する全チームとプロのシミュレーションレーサーが参加し、フォーミュラEのサーキットをデジタルで再現して開催されました。日産e.damsは、このバーチャルシリーズでチームランキング2位、ローランドがドライバーズランキングで3位になりました。

シーズン7
シーズン7(2020/21シーズン)は、1月16日にチリのサンティアゴで開幕することが発表されました。シーズン7でもGen2フォーミュラEマシンが引き続き使用されます。

 

ドライバーコメント

セバスチャン ブエミ:

「チームランキングで2位を獲得できたことをとても嬉しく思っています。ドライバーズランキングでは3位を目指していましたが、最終的な4位という結果にも満足しています。決勝ではマシンのセッティング変更が少しうまくいかなかったのですが、とにかくいつものように懸命に戦い、結果がついてきました。今シーズン、ハードな仕事をしてくれたチームと、熱い応援をしてくれたファンに感謝しています」

オリバー ローランド:

「今日はブエミが表彰台を獲得し、おめでとうと言いたいです。昨日は、ポールポジションの獲得に加えてファステストラップを記録し、完璧なレースでフォーミュラEにおける初優勝ができました。全体的には今シーズンに満足していますし、結果もポイントもついてきました。ドライバーズランキング5位も嬉しいですが、何よりもチームランキングで2位になれたことが大きいです。チームにとって本当に嬉しいことです。ベルリンシリーズでは、チーム全員が懸命に働き、ブエミと私のために速いマシンを準備してくれ、シーズンを良い形で終えられたと思います」

 

Images: Formula E / Spacesuit Media.