日産/ニスモ、2020年のモータースポーツ活動概要を発表

日産/ニスモ、2020年のモータースポーツ活動概要を発表

Back
2020年 2月 25日

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠 以下、日産)およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:片桐 隆夫 以下、ニスモ)は16日、日産本社ギャラリーにてファンイベントを開催し、日産/ニスモの2020年のモータースポーツ活動概要を発表しました。

日産/ニスモは、FIAフォーミュラE選手権とSUPER GTをモータースポーツ活動の二本柱として取り組みます。また、NISSAN GT-R NISMO GT3や日産車、日産エンジンで活動を行うチームへの支援をカスタマーレーシング活動として引き続き実施してまいります。

「日産/ニスモは、フォーミュラEとSUPER GTを二本柱として、今年も全力でモータースポーツ活動に取り組みます」とニスモ社長でCEOの片桐 隆夫は述べました。「私たちは様々なテクノロジーを駆使し、そしてチーム全員の情熱とファンの皆さまの熱い応援を力に変えて、参戦、サポートするあらゆる選手権において、熱い戦いをお見せしていきたいと思います」

 

1. FIAフォーミュラE選手権

日産は、初参戦となった昨シーズンに引き続き、FIAフォーミュラE選手権(FE)のシーズン6に参戦しています。日産はフォーミュラE選手権に参戦している唯一の日本メーカーであり、レースを通じて「ニッサン インテリジェント モビリティ」が提供する優れたパフォーマンスを訴求していきます。

日産e.damsチームは、昨シーズンと同様の体制で今シーズンに挑みます。チーム監督はオリビエ・ドリオとグレゴリー・ドリオが務め、フォーミュラE史上最多勝を誇るセバスチャン・ブエミ(スイス)が23号車を、昨シーズンにルーキーオブザイヤーを獲得したオリバー・ローランド(英国)が22号車をドライブします。

そして、引き続きチームのリザーブ兼テストドライバーを高星 明誠、シミュレータードライバーをヤン・マーデンボローが務め、第5戦マラケッシュe-Prixの後に行われるテストに参加します。

【日産e.damsチーム体制】

No. チーム 監督 ドライバー
23 日産e.dams オリビエ・ドリオ
グレゴリー・ドリオ
セバスチャン・ブエミ(スイス) ドライバー
(FE史上最多勝ドライバー)
22 オリバー・ローランド(英) ドライバー
(18/19 ルーキーオブザイヤー)
高星 明誠 リザーブ兼テストドライバー
ヤン・マーデンボロー(英) シミュレータードライバー

2. SUPER GT GT500

日産/ニスモは、今シーズンも4チーム、4台のNISSAN GT-R NISMO GT500でSUPER GTに参戦します。各チームの体制及び車両名は以下のとおりです。

【SUPER GT GT500クラス チーム体制

No. チーム 車両名 監督 ドライバー トラック
エンジニア
タイヤ
メーカー
23 NISMO MOTUL AUTECH GT-R 鈴木 豊 松田 次生/
ロニー・クインタレッリ(伊)
中島 健 ミシュラン
3 NDDP RACING
with B-MAX
CRAFTSPORTS
MOTUL GT-R
田中 利和 平手 晃平/
千代 勝正
宮田 雅史 ミシュラン
12 TEAM IMPUL カルソニック
IMPUL GT-R
星野 一義 佐々木 大樹/
平峰 一貴
大駅 俊臣 ブリヂストン
24 KONDO RACING リアライズ
コーポレーション
ADVAN GT-R
近藤 真彦 高星 明誠/
ヤン・マーデンボロー(英)
根岸 圭輔 ヨコハマ

総監督はニスモCOOの松村 基宏が引き続き務め、本山 哲とミハエル・クルムがエグゼクティブアドバイザーとして日産系チームの競争力アップに尽力します。

新車となる2020年型NISSAN GT-R NISMO GT500は、ドイツツーリングカー選手権(DTM) との共通技術規則「クラス1」に沿った車両として開発しています。新規採用となる両シリーズ共通のサスペンションを最大限に活かす車両セットアップ、安定して高いダウンフォースを発生する新空力デザイン、新エンジン「NR20B」によるエンジン出力の向上とパワーカーブの最適化を目標に開発しています。さまざまなサーキットに対応し、参戦チームの競争力を高めます。

3. カスタマーレーシングプログラム

1)カスタマーレーシング – GT3 プログラム
ニスモはSUPER GT GT300クラス、ニュルブルクリンク24時間レース(ドイツ)、スーパー耐久シリーズをはじめとする世界各地で開催されるレースにFIA GT3規定のNISSAN GT-R NISMO GT3で参戦するチームに引き続き技術支援を行います。

– SUPER GT GT300クラス
SUPER GT GT300クラスには、5台のNISSAN GT-R NISMO GT3が出場します。GT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERから引き続き2台、同KONDO RACINGから1台のNISSAN GT-R NISMO GT3がエントリーします。また、NILZZ Racing、TOMEI SPORTSが参戦します。

KONDO RACINGは、日産・自動車大学校の学生や販売会社のテクニカルスタッフが参加する、レース活動を通じた人材育成プロジェクト「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」を、昨年に引き続き今シーズンも実施します。スーパー耐久シリーズより開始した本活動は、9年目へ突入します。今年も日産圏全体の人材育成プログラムとして活用いたします。

No. チーム 監督 ドライバー 車両 タイヤ
メーカー
10 GAINER 藤井 一三 星野 一樹/
石川 京侍
GAINER TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R ヨコハマ
11 平中 克幸/
安田 裕信
GAINER TANAX GT-R ダンロップ
56 KONDO RACING 近藤 真彦 藤波 清斗/
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル)
リアライズ
日産自動車大学校 GT-R
ヨコハマ

– ニュルブルクリンク24時間レース

3か年計画を掲げてニュルブルクリンク24時間レースに挑戦しているKONDO RACINGが、トップクラスであるSP9クラスにNISSAN GT-R NISMO GT3で2年目のレースに挑戦します。(ドイツ 決勝:5月23日~24日)参戦初年度だった昨年は、総合9位に入賞しており、今年はさらなる上位を目指します。

また、ニスモパフォーマンスセンター(NPC)のテクニカルスタッフから選抜された数名が、今年もKONDO RACINGに合流してプロのレースメカニックと共に24時間レースを戦います。
*NISMOロードカー、NISMOパーツを常時展示し、専門トレーニングを受けた認定スタッフ「NISMOマイスター」が常駐する日産販売店

チーム 監督 ドライバー チーム
アドバイザー
タイヤ
メーカー
KONDO RACING 近藤 真彦 松田 次生/高星 明誠/平峰 一貴/
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル)
ミハエル・クルム ヨコハマ

– スーパー耐久シリーズ
スーパー耐久シリーズでは、ST-XクラスにMP RacingとTAIROKU Racing with B-MAX Engineeringから各1台、合計2台のNISSAN GT-R NISMO GT3が出場し、日産/ニスモは、今年も技術支援を行います。なお、ST-3クラスには、OKABEJIDOSHA motorsportからFAIRLADY Z NISMO RCが出場を予定しています。

2)カスタマーレーシング – エンジンサプライプログラム
日産/ニスモは、プロトタイプカー向けのレースエンジンを引き続き供給し、技術支援を行います。今シーズンは、世界各地で開催されるLM P3クラスのレースに出場するチームに2015年から供給してきたVK50エンジンに加え、2020年シーズンから導入されるLM P3規則に対応してVK56エンジンを新規開発し、オレカ社を通じて供給していきます。
VK56エンジンは、ヨーロピアン・ルマン・シリーズやミシュラン・ルマン・カップなど欧州でのシリーズ参戦チームに供給されます。

4. グラスルーツ支援及びその他の活動

  • グラスルーツ支援:国内外で行われる参加型モータースポーツでのパーツ供給や技術支援等を通じて、日産車ユーザーのグラスルーツモータースポーツ活動を適宜支援していきます。海外では、カナダでマイクラ(日本名:マーチ)によるワンメイクレース、マイクラカップが行われます。

  • ニスモドライビングアカデミー:ロードカーユーザーとモータースポーツとをつなぐ活動として、NISMOロードカーやNISSAN GT-R、フェアレディZのユーザーを対象としたドライビングレッスンを本年度も実施します。ミハエル・クルムが校長、ニスモ契約ドライバーが講師を務める本活動は、日本各地のサーキットで開催を予定しています。
  • NISMO Festival:シーズンオフの恒例となったファン感謝イベント「NISMO Festival」。23回目の開催となる今年は12月6日(日)に富士スピードウェイで開催します。