日産/ニスモ、2021年のSUPER GT GT500クラスの ドライバー体制を発表

日産/ニスモ、2021年のSUPER GT GT500クラスの ドライバー体制を発表

Back
2021年 1月 18日

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田誠 以下、日産)および、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区、社長:片桐隆夫 以下、ニスモ)は18日、2021年のSUPER GT GT500クラスに出場する日産系チームのドライバーを発表しました。

2021年シーズンのSUPER GT GT500クラスには、以下の体制で臨みます。

片桐隆夫 ニスモ社長 兼 最高経営責任者

「いよいよ明日からSUPER GTの2021年シーズンに向けたテストが始まります。今年はTEAM IMPULに、新たに松下選手を迎えました。星野監督の下、平峰選手と共に勢いのある走りによって日産勢をさらに躍進させ、日本のモータースポーツ界に旋風を巻き起こしてくれるものと期待しています。私たちは現在NISSAN GT-R NISMO GT500の競争力をさらに高める準備と開発を進めています。そして、今シーズンもファンの皆様にGT-Rならではのワクワクするレースをお見せすべく、監督、ドライバー、チーム員、そして開発陣をはじめとするニスモの全社員が全力を尽くします。今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします」

なお、日産/ニスモの2021年シーズンのモータースポーツ活動計画は後日発表いたします。