ヒストリー

1958年

• オーストラリア1周ラリー、クラスA優勝、ダットサン210「富士」

1963年

• 日本グランプリ、B-11クラス優勝、田原源一郎、ダットサン・フェアレディ1500

1964年

• プリンス・スカイライン2000GTが2位~6位を独占―スカイライン/GT-R伝説の誕生

• ワンツーフィニッシュ日本グランプリ・T-IVレース、プリンス・グロリア・スーパー6

1965年

• 日産R380で5つの世界速度新記録を樹立

1966年

• 日本グランプリ優勝、砂子義一、プリンスR380

• 優勝、東アフリカ・サファリ・ラリー、1300cc以下クラス、ダットサン・ブルーバード1300SS

1967年

• 日産R380-IIで7つの世界速度新記録を樹立

• 日産がボブ・シャープと組み SCCA主催ラン・オフ選手権初優勝。日産はこれまでにSCCA主催ラン・オフのタイトルを100回以上獲得。

1968年

• 日本グランプリ優勝、北野元、日産R381

1969年

• 日本グランプリ優勝、砂子義一/黒沢元治、日産R382

1970年

• 東アフリカ・サファリ・ラリー優勝、エドガー・ヘルマン/ハンス・シューラー、ダットサン1600SSS

• ロード・オーストラリア・トライアル優勝、エドガー・ハーマン/ハンス・シューラー、ダットサン1600SSS

• 鈴鹿1000㎞優勝、西野弘美/藤田皓二、日産フェアレディZ432

1971年

• 東アフリカ・サファリ・ラリー優勝、エドガー・ヘルマン/ハンス・シューラー、ダットサン240Z

• SCCA主催Trans-AM 2.5シリーズ総合優勝、ジョン・モートン、ダットサンBRE510

1973年

• 東アフリカ・サファリ・ラリー優勝、シェカー・メッタ/ロフティ・ドリュー、ダットサン240Z

• 日本グランプリ優勝、TSレース、北野元、ダットサン・サニー・エクセレント・クーペ

• SCCA主催Trans-AM 2.5シリーズ総合優勝、ジョン・モートン、ダットサンBRE510

• 鈴鹿1000㎞優勝、高橋国光/都平健二、日産フェアレディZ432R

1975年

• IMSA GTUシリーズ総合優勝、ボブ・シャープ、ダットサン260Z

1976年

• IMSA GTUシリーズ総合優勝、ブラッド・フリッセル、ダットサン260Z

1977年

• オーストラリア・ラリー・シリーズ総合優勝、グレゴリー・フュリー、ダットサン・バイオレット710SSS、ダットサン1600

1979年

• 優勝、東アフリカ・サファリ・ラリー、シェカー・メッタ/マイク・ドーティ、ダットサン160J

• 総合優勝、IMSA GTUシリーズ、ドン・デベンドーフ、ダットサン280ZX

1980年

• オーストラリア・ラリー・シリーズ優勝、ジョージ・フュリー、ダットサン・スタンザ

• サファリ・ラリー優勝、シェカー・メッタ/マイク・ドーティ、ダットサン160J

• 全日本スーパーシルエットカーレース総合優勝、柳田春人、ブルーバード・スーパー・シルエット

1981年

• サファリ・ラリー優勝、シェカー・メッタ/マイク・ドーティ、日産バイオレットGT

1982年

• サファリ・ラリー優勝、シェカー・メッタ/マイク・ドーティ、日産バイオレットGT

• 全日本スーパーシルエットカーレース総合優勝、柳田春人、ブルーバード・スーパー・シルエット

• IMSA GTOシリーズ総合優勝、ドン・デベンドーフ、ダットサン280ZX ターボ

1984年

• 同年9月、大森にてニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社設立

• ポールポジション、バサースト1000、ジョージ・フュリー、ダットサン・ブルーバード

1986年

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、鈴木亜久里、日産スカイラインRS

• Nissan R85Vでル・マン24時間レースに初参戦

1987年

• 日産がマニュファクチャーとして初めてパリ・ダカール・ラリーをディーゼルエンジンの日産パトロールで完走

1988年

• IMSAシリーズ総合優勝、ジェフ・ブラバム、Nissan GTP ZXターボ

1989年

• IMSAシリーズ総合優勝、ジェフ・ブラバム、Nissan GTP ZXターボ

• セブリング12時間優勝、ジェフ・ブラバム/アリー・ルイエンダイク/チップ・ロビンソン、日産GTP ZXターボ

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、長谷見昌弘、日産スカイライン GTS-R (HR31 )

• IMSA GTUシリーズ総合優勝、ボブ・ライツィンガー、Nissan 240SX

1990年

• IMSAシリーズ総合優勝、ジェフ・ブラバム、Nissan GTP ZXターボ

• セブリング12時間優勝、ボブ・アール/デレック・デイリー、Nissan GTP ZXターボ

• 全日本スポーツ・プロトタイプカー耐久選手権総合優勝、長谷見昌弘、Nissan R90CP

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、星野一義、日産スカイライン GT-R (R32 )

• オーストラリア・ツーリングカー・シリーズ総合優勝、ジム・リチャーズ、日産スカイライン GTS-R (HR31)、日産スカイライン GT-R (R32)

• ル・マン24時間レースポールポジション獲得、マーク・ブランデル、Nissan R90CK

• スパ24時間レースでグループNクラス1~3位独占、日産スカイラインGT-R (R32)

• 鈴鹿1000㎞優勝、星野一義/鈴木利男、Nissan R90CP

1991年

• IMSAシリーズ総合優勝、ジェフ・ブラバム、Nissan NPT-91

• セブリング24時間レース優勝、ジェフ・ブラバム/デレック・デイリー/ゲイリー・ブラバム、Nissan GTP ZXターボ

• スパ24時間レース優勝、アンデルス・オロフソン/デビッド・ブラバム/服部尚貴、日産スカイライン GT-R (R32)

• 全日本スポーツ・プロトタイプカー耐久選手権総合優勝、星野一義、Nissan R90CP、Nissan R91CP

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、長谷見昌弘、日産スカイライン GT-R (R32)

• オーストラリア・ツーリングカー・シリーズ総合優勝、ジム・リチャーズ、日産スカイライン GT-R (R32 )

• バサースト1000優勝、ジム・リチャーズ/マーク・スカイフ、日産スカイライン GT-R (R32)

1992年

• ロレックス・デイトナ24時間レース優勝、長谷見昌弘/星野一義/鈴木利男、Nissan R91CP

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、長谷見昌弘、日産スカイライン GT-R (R32)

• オーストラリア・ツーリングカー・シリーズ総合優勝、マーク・スカイフ、日産スカイライン GT-R (R32 )

• バサースト1000総合優勝、ジム・リチャーズ/マーク・スカイフ、日産スカイライン GT-R (R32 )

• スパ24時間レース優勝・グループNクラス、日産 スカイラインGT-R (R32 )

• IMSA GTSシリーズ総合優勝、スティーブ・ミレン、Nissan 300ZX

1993年

• 全日本ツーリングカー選手権総合優勝、影山正彦、日産スカイラインGT-R (R32)

• 鈴鹿1000㎞優勝、和田孝夫/鈴木利男、Nissan R92CP

• IMSA GTUシリーズ総合優勝、ブッチ・ライツィンガー、Nissan 240SX

1994年

• ロレックス・デイトナ24時間レース総合優勝、スティーブ・ミレン/スコット・プルエット/ブッチ・ライツィンガー/ポール・ジェンティロッツィ、Nissan 300ZXT• 優勝、セブリング24時間レース、スティーブ・ミレン/ジョニー・オコネル/ジョン・モートン、日産300ZXT

• IMSA GTSクラス、ル・マン24時間レース優勝、スティーブ・ミレン/ジョニー・オコネル/ジョン・モートン、Nissan 300ZXT

• 全日本GT選手権総合優勝、GT1クラス、影山正彦、日産スカイラインGT-R(R32)

• IMSA GTSシリーズ総合優勝、スティーブ・ミレン、Nissan 300ZX

1995年

• 全日本GT選手権総合優勝、GT1クラス、影山正彦、日産スカイラインGT-R(R32)

• 全日本GT選手権総合優勝、GT2クラス、星野薫/石橋義三、日産スカイライン GTS-R

1997年

• 全日本GT選手権総合優勝、GT300クラス、織戸学/福山英朗、日産シルビア(S14)

1998年

• ル・マン24時間レース総合3位、鈴木亜久里/星野一義/影山正彦、Nissan R390 GT1

• 全日本GT選手権総合優勝、GT500クラス、エリック・コマス/影山正美、日産スカイラインGT-R (R33)

• ワールドリーズ・バイ・ニッサン、初代チャンピオン マルク・ジェネ

1999年

• イギリス・ツーリングカー選手権総合優勝、ローラン・アイエロ、日産プリメーラST

• 全日本GT選手権総合優勝、GT500クラス、エリック・コマス、日産スカイラインGT-R (R34)

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 フェルナンド・アロンソ

2000年

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 アントニオ・ガルシア

2001年

• 全日本GT選手権、GT300クラス総合優勝、大八木信行/青木孝行、日産シルビア(S15)

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 フランク・モンタニー

2002年

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 リカルド・ゾンタ

2003年

• 全日本GT選手権総合優勝、GT500クラス、本山哲/ミハエル・クルム、日産スカイラインGT-R (R34 )

• 全日本GT選手権総合優勝、GT300クラス、木下みつひろ/柳田真孝、日産フェアレディZ (Z33)

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 フランク・モンタニー

2004年

• 全日本GT選手権総合優勝、GT500クラス、本山哲/リチャード・ライアン、日産フェアレディZ (Z33)

• ワールド・シリーズ・バイ・ニッサン、優勝 ヘイキ・コバライネン

2006年

• 鈴鹿1000㎞優勝、ブノワ・トレルイエ/星野一樹/ジュレミー・デュフォア、日産フェアレディZ GT500

2008年

• SUPER GT総合優勝、GT500クラス、本山哲/ブノワ・トレルイエ、Nissan GT-R (R35)

• 鈴鹿1000㎞優勝、松田次生/セバスチャン・フィリップ、Nissan GT-R (R35)

• 日産プレイステーションGTアカデミー設立。ゲーマーからのレーサー育成プログラム誕生

2010年

• 全日本GT選手権総合優勝、GT300クラス、柳田真孝/星野一樹、日産フェアレディZ (Z33)

2011年

• FIA GT1世界選手権総合優勝、ミハエル・クルム/ルーカス・ルアー、Nissan GT-R NISMO GT1

• 総合優勝、SUPER GT、GT500クラス、ロニー・クインタレッリ/柳田真孝、Nissan GT-R (R35)

• 日産がLM P2 プロトタイプエンジンを供給開始。初参加のシーズンで5勝上げる

• ル・マン24時間レース優勝、LM P2クラス、グリーブス・モータースポーツ

• 100%電気自動車の日産リーフNISMO RCがニューヨーク・オートショーで発表される

2012年

• SUPER GT総合優勝、GT500クラス、ロニー・クインタレッリ/柳田真孝、Nissan GT-R (R35)

• 優勝、鈴鹿1000㎞優勝、柳田真孝/ロニー・クインタレッリ、Nissan日産 GT-R GT500

2013年

• ブランパン耐久シリーズ総合優勝、Pro-Amカップ、ルーカス・オルドネス、Nissan GT-R NISMO GT3

• FIA WEC LM P2クラス総合優勝、オーク・レーシング

• ル・マン24時間レース優勝、LM P2クラス、オーク・レーシング

2014年

• SUPER GT総合優勝、GT500クラス、松田次生/ロニー・クインタレッリ、Nissan GT-R NISMO GT500

• FIA WEC LM P2クラス総合優勝、SMPレーシング

• ル・マン24時間レース優勝、LM P2クラス、Jota Sport

2015年

• ブランパン耐久シリーズ総合優勝、プロ・カップ、アレックス・バンコム/ヴォルフガング・ライプ/千代勝正、Nissan GT-R NISMO GT3

• バサースト12時間レース優勝、千代勝正/ヴォルフガング・ライプ/フロリアン・ストラウス、Nissan GT-R NISMO GT3

• SUPER GT総合優勝、GT500クラス、松田次生/ロニー・クインタレッリ、Nissan GT-R NISMO GT500

• SUPER GT総合優勝、GT300クラス、アンドレ・クート、Nissan GT-R NISMO GT3

• 日産が革新的なフロント・エンジン、前輪駆動のNissan GT-R LM NISMOをル・マン24時間レースに導入

• FIA WEC LM P2クラス総合優勝、Gドライブ・レーシング

• ル・マン24時間レース優勝、LM P2クラス、KCMG

2016年

• 日産がLM P2クラスへのエンジン供給を同年で終了。連続35勝、FIA WEC LM P2クラス総合優勝4回、ル・マン24時間レースLM P2クラス優勝5回、ELMS総合6連勝

• FIA WEC LM P2クラス総合優勝、シグナテック・アルパイン

• ル・マン24時間レース優勝、LM P2クラス、シグナテック・アルパイン

2017年

• プチ・ル・マン優勝、ブレンドン・ハートレー/スコット・シャープ/ライアン・ダルジール、エクストリーム・スピード・モータースポーツ

• 日産が2018/2019年シーズンのFIA フォーミュラE選手権への参戦を発表