フォーミュラEデビュー

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、いよいよ今年12月に開幕する100%電動フォーミュラカーによる革新的なレースシリーズ「ABB FIAフォーミュラE選手権」にデビューします。この電動シングルシーター選手権はシーズン5を迎え、世界の主要な12都市を舞台に争われます。

日産が初のフル参戦を果たす2018/19シーズンより技術規定が一新され、Gen2マシンと呼ばれる新規車両を導入。多くのパワーとより長い航続距離を実現し、さらなる興奮をもたらす革新的な選手権で戦いを繰り広げることになります。

ニッサン インテリジェント モビリティ

2010年に発売を開始した『日産リーフ』はすでにグローバルで累計35万台以上を販売し、電気自動車のグローバルリーダーの座を確立した日産は、このシリーズに参戦する初の日本メーカーとなります。

革新的な電気自動車フォーミュラカーレースへの挑戦を通じて、クルマがエネルギーをどのように使い、どのように走るのか、そして社会とどのようにつながっていくのかということを再定義し、日産車をより魅力的なクルマにするアプローチ「ニッサン インテリジェント モビリティ」の優れたパフォーマンスを示す絶好の舞台となります。

ニッサンフォーミュラEを発見

日産e.dams、ブエミが初勝利を飾る 1 min reading

2019年 7月 15日
日産e.dams、ブエミが初勝利を飾る

1 min video

2019年 7月 14日
Video: Victory in New York

66 min video

2019年 7月 14日
Video: #NYCEPrix Practice 3 Live

パートナー