日産e.dams、メキシコ大会で表彰台を獲得

日産e.dams、メキシコ大会で表彰台を獲得

Back
2021年 6月 22日

第9戦でオリバー ローランドが3位に入賞

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、6月19日と20日に開催されたABB FIAフォーミュラE世界選手権メキシコe-Prixに参戦し、第9戦でオリバー ローランド(22号車)が3位入賞を果たしました。今回のメキシコe-Prixは、メキシコ・プエブラ市郊外にある新設のアウトドローモ ミゲル E アベドサーキットで、第8戦と第9戦のダブルヘッダーで開催されました。

 

ローランドは日産のGen2エンジンを搭載したマシンで第9戦のスーパーポールシュートアウトを最速でフィニッシュし、フォーミュラEで自身4度目のポールポジションを獲得しました。決勝では序盤のリードを保つことができずに4位でゴールしましたが、パスカル ウェーレインがファンブーストの不適切な使用により5秒のタイムペナルティを受けたため、ローランドの順位は3位に繰り上がり、入賞を果たしました。この結果、ローランドのドライバー・ランキングは、4つ上がり、10位となりました。また、予選7位からスタートしたセバスチャン ブエミは、決勝を14位でフィニッシュしました。今回のレースで、日産e.damsはチームランキングに貴重な18ポイントを獲得しました。

 

なお、第8戦はローランドが予選で2位となり、決勝を最前列からスタートし、ブエミは19位からスタートしました。しかし、日産e.damsの2台は技術的な問題を指摘されて失格となりました。

 

日産のグローバルモータースポーツダイレクターであるトマソ ヴォルペは、「今回は、全体的に良かった点に注目したいと思います。私たちはシーズン前半に比べて、より速いペースでレースを進めることができるようになりました。フリー走行ではトップになりましたし、予選ではポールポジションと2位を獲得しました。クルマは速くなり、パフォーマンスが大きく向上しています。ただし、第8戦では手続きがうまく行かず、2台とも失格になってしまったのは非常に残念でした。第9戦ではポールポジションからスタートしたものの、最終的には3位でレースを終えました。レースのペースは良くなりつつあるものの、トップに立つにはまだ努力が必要ということです。ブエミに関していえば、マシンのグリップに自信が持てなかったようです。まだまだ改善が必要です」と語りました。

 

日産e.damsチーム監督であるグレゴリー ドリオは、「オリバーは2戦とも最前列からスタートし、素晴らしい走りで結果を出すことができました。しかし、チーム全体としては、残念な結果となりました。今後、2週間後のニューヨークに向けて、あらゆる可能性を最大限に活かし、勝利につなげていかなければなりません。私たちのミッションです」と語りました。

第10戦・第11戦は、7月10日・11日にニューヨークで行われます。

ドライバーコメント

オリバー ローランド
「第9戦は、全体的に良かったと思います。ポールポジションで3ポイントを獲得し、決勝では4位でフィニュッシュし、その後3位に繰り上がりました。レース直後に表彰台に上がれなかったのは少し残念ですが、チームは最大限の力を発揮できたと思います。ただし、今日はこれ以上ハードにプッシュができず、最終的にはスピードも足りませんでした。タイヤにも少し悩まされました。しかし、予選では素晴らしいペースで走ることができ、残りのレースに向けて取り組むべきことが分かってきました。決勝では、より細部に注意を払い、少しでも結果を良くすることに集中します。シーズンの終わりまで、チャンピオンは狙えますから」

 

セバスチャン ブエミ
「第9戦でローランドが良い結果を残して嬉しかったです。彼はチームのために素晴らしい仕事をしてくれました。私は、少し不運に見舞われました。7番手からスタートしたものの、他のマシンに押され、ラインを外れて走らなければなりませんでした。石がたくさんあったので、コースに戻ることができず、その1周で8、9番ほど順位を下げてしまいました。最後はできる限り挽回しようとしましたが、ポイント圏内の入賞は叶いませんでした。残念な結果でしたが、私たちには十分なスピードがあります。次のニューヨークでは、結果につなげたいと思います」