日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開

日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開

Back
2021年 11月 24日

日本の着物をモチーフに、鮮やかな赤色が特徴的なデザインを採用

 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、ABB FIA フォーミュラE選手権シーズン8の開幕に先駆け、新しいカラーリングを採用したマシンを公開しました。

新しいマシンは、日本の伝統的な着物から着想を得て、鮮やかな赤色が特徴的なカラーリングを採用しています。また、ノーズコーン部分のデザインは、日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ アルバイサが、着物のひだを表現するために施したものです。

日産のグローバル・モータースポーツ・ダイレクターであるトマソ ヴォルペは、「フォーミュラEの新しいシーズンでは、これまで以上に大胆なレースを展開したいと考えています。日産はレースで勝つだけでなく、ファンを楽しませ、電気自動車がいかにワクワクするものであるかをアピールしていきます。私たちのマシンは、新しいカラーリングで、コース上で大きな注目を浴びることでしょう。シーズン8の開幕が待ち遠しいですね」と語りました。

シーズン8は、ドライバーも新たなラインアップで臨みます。フォーミュラEで数々の記録を持つセバスチャン ブエミのパートナーとして、新たにマクシミリアン ギュンターが加わります。ギュンターは、フォーミュラEで過去3回の優勝経験があり、11月29日から12月2日までスペインのバレンシアにあるリカルド・トルモ・サーキットで行われる公式プレシーズンテストに、ブエミとともに参加します。

日産e.damsの共同チーム監督であるグレゴリー ドリオとオリビエ ドリオは、「昨シーズンの終盤から好調を維持しており、シーズンオフも準備を重ねてきました。私たちは、ディルイーヤでの初戦からトップで優勝争いをしたいと思っています。ギュンターを迎えて光栄ですし、ブエミとともに強力なチームになると信じています」と語りました。

 

シェルとのパートナーシップを継続

2018年からのパートナーである日産とシェルは、新たに複数年のパートナーシップ契約を発表しました。両社は、Gen3マシン(2022/2023年シーズンから)に向けて、シェルの革新的なトランスミッションフルード等を使用し、技術開発やパフォーマンスの向上を目指していきます。

シェルのモビリティ担当取締役副社長であるイストヴァン・カピタニー氏は、「フォーミュラEで最も成功しているチームの一つである日産e.damsとのパートナーシップを拡大できることに、私たちはとてもワクワクしています。私たちは、サーキットで使用するフルードを提供するだけでなく、このプロセスから得られる知識を公道用の製品開発に役立て、世界をリードする総合モビリティ企業になるという目標の達成を目指します」と語りました。

日産「ブレイン・トゥ・パフォーマンス」

今年の7月に開始された「日産 ブレイン・トゥ・パフォーマンス」は、高精度な脳の撮像データを解析することで、高いパフォーマンスを発揮するプロドライバーの脳機能を、解剖学的な見地から明らかにすることを目的としています。このプログラムでは、運転やレースに関連する脳機能を高めるために、オーダーメイドで最適なトレーニングを開発することを目指します。革新的で長期的な本プログラムは、シーズン8とその先に向けて、さらに強化していきます。最新のビデオはこちらからご覧ください。

 

ドライバーコメント

セバスチャン ブエミ

「日産e.damsでの4年目のシーズンを迎え、とても嬉しく思っています。そして、ギュンターを心から歓迎します。日産e.damsの強固な基盤と豊富な経験に基づき、二人の強力なコンビネーションで、初戦から最終戦まで競争力を維持することを目指します」

マクシミリアン ギュンター

「日産のような歴史と実績のあるレーシングブランドで、ブエミとともにレースができることを、とても嬉しく思います。チームに参加して、まだ数週間ですが、コース上でもコース外でも大きな計画があることが分かりました。新しいレースカーはとても魅力的で、バレンシアのテストで走るのが待ち遠しいです」