日産e.dams、フォーミュラEの新シーズンのドライバーを発表

日産e.dams、フォーミュラEの新シーズンのドライバーを発表

Back
2019年 9月 5日

セバスチャン ブエミとオリバー ローランドを継続起用

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、「ABB FIAフォーミュラE選手権」のシーズン6に、セバスチャン ブエミとオリバー ローランドを継続して起用することを発表しました。新シーズンは2019年11月22日~23日にサウジアラビアのリヤドで行われるダブルヘッダーイベントで開幕し、チリのサンティアゴ、メキシコシティー、香港、ローマ、パリ、ソウル、ベルリン、ニューヨークなどの都市で開催され、2020年7月25~26日にロンドンで行われるダブルヘッダーイベントが最終戦となります。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」の優れたパフォーマンスを訴求する場として初めて参戦した本選手権のシーズン5で日産は、シーズン最多記録となる13レース中6レースでポールポジションを獲得しました。ブエミはシーズン終盤に4戦連続で表彰台を獲得してランキング2位となり、ローランドはルーキードライバーの中で最多となるポイントを獲得しました。

日産はチームとして全戦でスーパーポールシュートアウトに進出し、ブエミとローランドの2名合わせて16回のスーパーポールシュートアウト進出もシーズン最多記録となりました。さらにプラクティスや予選など、2名合わせて17回のセッションでトップタイムを記録するなど、数々の優れたパフォーマンスを発揮しました。

ブエミはシーズン5の第12戦で日産にとって初めての勝利をもたらしました。自身のフォーミュラEキャリアにおいては、これまでに13勝、14ポールポジション、7つのファステストラップ記録を保持しています。またローランドはシーズンを通して10回のセッションでトップタイムを記録し、中国三亜で行われた第6戦では日産として初の表彰台を獲得しました。

「シーズン5でブエミは素晴らしい活躍をし、ドライバーズランキングで2位となりました。また、ローランドも初参戦のシーズンで多くのことを学びましたし、優れたドライバーであることを証明しました。シーズン6のドライバーラインナップには、自信をもってこの2人を選びました。ブエミは、ルーキーイヤーであるローランドのサポートにも最善を尽くしてくれましたし、常にチームを前進させることを優先してくれました。ブエミが日産にもたらしてくれた初勝利を誰も忘れることはないでしょう」と、日産グローバルモータースポーツダイレクターであるマイケル カルカモは語りました。

ドライバーコメント

 セバスチャン ブエミのコメント

「シーズン6はシーズン5の勢いをさらに増していきたいと考えています。シーズン6にはいくつかの新しいメーカーが参加しますが、私たちはチームとして多くの経験を積んだので、競争力はさらに高まっています。ローランドが再び私のチームメイトになるのは素晴らしいことです。継続性が重要ですからね。1シーズンともに戦ってきた経験は、大きな力になるでしょう。チームが前進するためには2人のドライバーがともに速いことが重要ですが、ローランドは昨シーズンでその速さを証明しました。速いチームメイトは私を進歩させてくれます」

オリバー ローランドのコメント

「フォーミュラEドライバーとして最初のシーズンは素晴らしいものでした。今は2年目に向けた適切な準備と、さらに強くなることに集中しています。シーズン5はほとんど経験がないままスタートしましたが、十分に順応できたと思います。ブエミとのチームは最高で、彼から多くのことを学びました。今後もお互いに高めあい、チームをさらに前進させることができると思います。チームの皆からも多くのサポートをもらいました。シーズン6に向けて、自分の好みに合わせてマシンをセッティングする方法を学ぶ時間がたくさんあります。シーズン6ではさらに競争力を高め、勝利を手に入れたいですね」