日産e.dams、モータースポーツの伝説の地モナコへ

4月 27, 2022

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、4月30日にモナコ市街地のサーキットで開催されるABB FIAフォーミュラE世界選手権の第6戦に参戦します。

世界的に有名なモンテカルロの市街地コースは、モータースポーツファンにとって憧れの場所であるとともに、オーバーテイクが難しいサーキットであることも知られています。ただし、フォーミュラEにおいては、昨シーズンのレースで多くのオーバーテイクがあり、ギリギリの戦いの中、ワクワクするレース展開が繰り広げられました。日産e.damsは、6位入賞を果たし、チームとして8ポイントを獲得しています。

今シーズンのコースは、港に沿ったシケインのレイアウトが昨年から変更される予定です。ヘアピンカーブ、長いトンネル、タイトなシケイン、急な高低差など、モンテカルロの市街地コースはドライバーに極限まで試練を与え、ファンに素晴らしいレースを見せてくれます。

日産フォーミュラEゼネラル・マネージャー兼マネージング・ダイレクターであるトマソ ヴォルペは「モナコ入りすると、モータースポーツの歴史と情熱をひしひしと感じます。日産の電気自動車(EV)がいかにエキサイティングでパワフルであるかを証明するのに、これほど適した市街地サーキットはないでしょう。今回はコースレイアウトが変更されるため、昨シーズンのデータを基にセットアップすることができません。つまり、それまでにシミュレーターで行う準備が肝になります。チームはレースに向け最適なセッティングを見つけるため、懸命に取り組んでいます。今年はフリー走行の時間も少ないので、現地でいろいろな設定を試す時間もありません。クルマが現地に到着するまでに、すべて準備しておかなければならないのです。前回のe-Prixは競争が激しかったので、今回は予選で良い結果を残し、上位からレーススタートができるようにベストを尽くします 」と述べました。

ブエミがドライブする23号車は「日産アリア」、ギュンターの22号車は「日産リーフ」と名付けられ、フォーミュラE選手権を通じて日産の市販EVを訴求していきます。

ドライバーコメント

セバスチャン ブエミ

「モナコがとても楽しみです。過去に2回優勝し、2回ポールポジションを獲得しているモナコでレースができるのは素晴らしいことだと思います。前回のローマでは2ポイントを獲得しましたが、もっと上を目指します。モナコに向けて懸命に準備しているので、このサーキットで走るのが待ち遠しいです。チームにもドライバーにとっても、正しいセッティングを見つけるのは大きなチャレンジですが、いい結果を出したいですね」

マクシミリアン ギュンター

「モナコはフォーミュラEの見どころのひとつであり、ドライバーは皆ここで勝利を挙げたいと考えています。多くのモータースポーツの歴史があり、幼いころ、憧れのヒーローがこのサーキットで戦っているのを見た思い出がたくさんあります。素晴らしいサーキットですし、挑戦するには最高の場所です。フォーミュラEマシンと私たちのレースのやり方は、このサーキットにとても合うと思います。自分のホームでもあるし、自宅のベッドで寝て、家で朝食をとり、数分でパドックに着くというのが本当に最高です。多くのポイントを獲得できるよう懸命にレースします」

テレビ放送
https://www.fiaformulae.com/en/watch/ways-to-watch

#FANBOOST

日産e.damsのファンの方は、nismo.comにアクセスして投票していただくことで、レース中のドライバーに追加で加速するパワーを与えることができます。投票はレースの3日前から始まり、レース開始6分後に締め切られます。ファンブースト投票上位5人のドライバーだけが、この特別なエネルギーを手に入れることができます。

Formula E概要については こちら